Pocket

Madoka × 句会

■湯河原句会

ふるさと湯河原に様々なジャンルで活躍している仲間が集って俳句を作り、文化を語らう「湯河原句会」。
湯河原は『万葉集』中唯一詠まれた温泉であり、夏目漱石、国木田独歩、芥川龍之介、与謝野晶子、小林秀雄、谷崎潤一郎ら多くの作家が逗留して作品を紡ぎ、また安井曽太郎、竹内栖鳳などの画家がアトリエを構えました。
かつて文人墨客が当地を訪れ育んだ文化サロンを、今の湯河原に甦らせたいと願い、2009年春にこの句会を発足させました。

2009年4月6日~7日

香席+句会

©️ 南浦護

 

2009年12月2日~3日

煎茶会+句会

©️ 南浦護

 

2010年3月2日~3日

投扇興+句会

©️ 南浦護