What's new

「いいたて希望の里学園」開校式
with コメントはまだありません

4月5日(日)、福島県飯舘村の「いいたて希望の里学園」の開校式が行われました。黛も出席し、新しい門出をお祝いいたしました。 いいたて希望の里学園 校歌「孤高の星」     作詞 黛まどか/作曲 南こうせつ/編曲 平林 龍 … Read More

『日本経済新聞』にインタビューが掲載されました
with コメントはまだありません

3月11日(水)の日本経済新聞 朝刊 特集ページ「東日本大震災9年」に、黛まどかのインタビューが掲載されました。震災前から俳句などを通じて親交のある飯舘村への思いを語っています。ぜひお読みください。

フランス『LE PÉLERIN(ル・ペルラン)』にインタビュー掲載
with コメントはまだありません

昨年12月パリ講演後の滞在中にインタビューを受けた、フランス『LE PÉLERIN(ル・ペルラン)』誌のウェブ版に「サンチャゴから四国まで、彼女は詩を書くために世界中の小道を歩く」という見出しで記事が掲載されました。ぜひ … Read More

「いいたて希望の里学園」校歌をお披露目しました
with コメントはまだありません

2月5日(水)、2020年4月に開校する小中一貫義務教育学校「いいたて希望の里学園」の新校歌がお披露目されました。当日は、歌詞に込めた思いを伝えるため飯舘村を訪れ、子どもたちと一緒に合唱を楽しみました。その時の様子は各メ … Read More

『Web新小説』にて連載スタート
with コメントはまだありません

2月1日(土)創刊の会員制文芸マガジン『Web新小説』(春陽堂書店)に黛まどかのエッセイ「俳句で味わう、日本の暮らし」が連載されます。 ※お読みいただくには有料の会員登録が必要です。2020年2月29日までに会員登録した … Read More

CNEWS(セ・ニューズ)紙の社説を紹介します
with コメントはまだありません

フランスの作家でジャーナリストのフィリップ・ラブロ(Philippe Labro)氏がパリで黛と面会した折の話を12月20日付CNEWS(セー・ニューズ)紙の社説に掲載したのでご紹介します。 社説「フィリップ・ラブロ氏の … Read More